<< 養親登録申請書記入 希望理由。 | main | 明るい希望を持って、不妊治療に終止符。 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    主人の会社に伝える。

    0
       昨日、会からのメールを見て、10月8日(月)の面接会にと。

      最近の祈りは、私たちを面接して頂けますようにだったので、
      うれしすぎて、動きの早さに戸惑いながらも 意外と心の中は冷静だった私。

      まず、子供を授けて頂きたいのか。−答えは 絶対に縁がほしい。
      この話しを進めるかどうか。−答えはもちろん。
      じゃないと、後悔する。
      私たち二人は決意は固く、どっからどうとっても、この面接会には参加したいと、
      少し予定より早い連絡が、わおーどうしたら良い?と 心で思いましたが、
      前向きに。
      予定表で日程をすぐにチェック。
      飛行機の日にち変更できるか、チェックし可能。空き席もあること確認。
      夫の休みは?日にち的には、会社に言えば可能かな。
      お願いしたら良いだろうとかってに思う私。
      もちろん、私はフリーなので可能。
      問題の健康診断。。。。どうにか日本みたいなのしてもらうしかない。病院に頼もう。
      健康な二人で、不妊治療のためにいろいろいっぱいと調べてある、
      検査結果の資料は1cmくらいはある。
      二人ともどっこも悪いところは見つかってない。でも証明書がない。。。
      あと、必要な書類はなんだっけ。。。。急いで確認。
      だいたいはあるかな。
      日本での収入はなく、オーストラリアでの収入で
      日本の裁判所の審査は大丈夫なのかな?

      今日、夫は、さっそく会社に 
      すでに2週間とっているお休みを3週間にして頂ける様に話す
      と言って出かけていきました。
      10月14日からの2週間は、子宝祈願をするために 
      四国八十八箇所巡礼に行くためにホリデーをとっている。
      そして今回のお遍路さんは、
      夫の両親と私の母を連れて5人で行くので、楽しみにしている3人のためにも、
      そして、親孝行できる事を楽しみにして1年前から約束し、計画した壮大な計画、
      5人で満願するための四国お遍路さんはキャンセルする訳にはいかない。
      日にちを 変更はできないので 
      会社の休みは、どうにか3週間に増やしてもらうしかない。

      会社だって、理由が私たちの生活、幸せに大きく関係してくる事だから、
      この国の人の、オーストラリアのそんな理解は大きいと信じている。
      それに、命だから、突然生まれて、突然やてくるのはあたり前の話。
      私たちの都合でできる事でも、生まれてくる訳ではない。
      すべてはご縁の話だから。
      ご縁がある事を信じて進む事だけしたできない。

      会に出会ってから、会のホームページからアクセスできる所はさかのぼりながら、
      毎日、読むのが日課になっていました。
      感動の涙を流しながら、暖かい気持ちになり、
      会への信頼や、特別養子縁組への疑問の答えに出会える。
      同じ想いがたくさんあり、そして私たちへの明るい命を産んで頂く実親さんの事も知る。
      1日があっという間に過ぎていく。

      そして、もう一度だけと思って前に、最後に4件目になる、
      4ヶ月待ってやっと予約できた有名な着床障害についての、専門病院。
      面接確定したら、キャンセルをしよう。
      もう、病院は行きたくない。キャンセルしたって後悔はしない。
      どんな検査を何回したって、どうしよもない事は、わかっている。
      これは、肉のことだけやってもどうしようもない事も、もう、薄々気づいている。
      だってこうのとりさんが、うちじゃなきゃと思って授かると思う。
      どうしてもと言う気持ちで
      不妊治療に終止符を打つ勇気がなかった4ヶ月前に予約を入れていた。
      でも、今は気持ちはすっきりしている。
      感謝。ありがたい。

      今まで授けていただけなかった。
      私たちを親にしたいなーって降りてきてくれる命がなかった。
      少し落ち込む気持ち。
      でも、きっと今度こそ、信じたい。
      私たちを選んで降りてきてくれる命があると信じたい。

      ありがたい日、幸せなこの私たちの日々に、
      明るい光の命と共に過ごせる日々が本当になりますように。
      ふ-子 * 特別養子縁組の道へ 面接まで * 07:44 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 07:44 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ